AT車限定免許から始める合宿免許

合宿免許を申し込む際に、AT車限定免許にするか、通常の普通免許(MT免許)にするかを選択しなければなりません。

AT車限定免許を選ぶと、AT車にしか乗ることができませんが、費用が安くなり、卒業までの期間もMT免許に比べると2日ほど早くなります。これはAT車の方が簡単なので、教習時間を短くすることができるからで、その分費用も安くなるというわけです。

自動車免許を取得した後、AT車に乗りたいという人は、迷うことなくAT車限定免許で合宿免許に参加することをおすすめします。



現在9割以上のクルマはAT車となっており、実際新車もMT車を用意していない場合が多いのが現状となっています。

AT車が登場したころは3速ATで性能が低く、変速時のノッキングの問題や、燃費がMT車とりも悪く、価格もMT車よりも高いなど、色々な問題がありました。

しかし、今は燃費や価格は変わらず、性能も飛躍的の向上し、不快な変速ショックなどもほとんど解消されています。

そして、何より運転が楽です。



渋滞にはまってしまった場合や、坂道発進など、AT車で良かったと思うシーンも多いです。

MT車のメリットは、自分の思いでギアを選ぶことができることで、それが運転を楽しい感じさせます。

北海道の自動車免許情報

スポーツカーなどでは、今でもMT車が人気です。


ただ、もし後からMT車に乗りたくなったら、追加の教習を受ければ大丈夫なので、合宿免許ではとりあえず簡単なAT車限定免許から始めるという方法がおすすめです。